プロフィール

 

沙原秀(さはらしゅう)

さはらしゅう神奈川県横浜市在住の創作画家。1965年、七色に輝く富士山との遭遇をきっかけに絵筆をもち、以来、独自の絵画を創作し、数多くの作品を発表している。1996年、サハラ夢美術館を設立し、代表作である「竹取物語」や「新世界(21世紀への旅立ち)」シリーズ等を常設展示中。また、絵画にとどまらず、自作自演の映像と語りをも創作し、各界のミュージシャンや笛・絃の名手とも共演するなど、ひとり語りの語りべとしても幅広く活躍している。 2009年、幻冬舎ルネッサンスより自伝的エッセイ『七色の招待席』出版。

雅号「沙原」について

私の雅号である沙原は、サハラ砂漠からイメージしたもの。若い頃より、まだ見ぬ広大な砂漠に惹かれていた。写真などで見る、あの漠々とした、言い知れぬ孤独感に憧れとロマンさえ感じていた。
私は絵を描き始めたころより、どうしても自分自身で創造した名前が欲しかった。ある時、私の脳裏に「サハラ砂漠」がひらめいた。私は迷わず「サハラ」を漢字の「沙原(サハラ)」に当て、生まれたときから親からもらった名前「秀(ヒデ)」を取り、「沙原 秀(サハラ シュウ)」と、命名した。

しかし、いまだ、サハラにも他の砂漠にも足を踏み入れていない。ある時、図書館で「サハラ砂漠」という写真集を見つけた。わくわくしながら開けたその1ページ、ある一編の詩が、私に飛び込んできた。

なぜ 私は サハラに入るのか
オアシスを 求めに 行くのではない
自分自身の泉を 探しあてるために 砂漠に入るのだ
-サン=テグジュペリ-

「星の王子さま」の著者サン=テグジュペリの詩である。それ以来、この詩が、私の心の宝ものとなった。サハラは、何もない砂漠ではなく、何でもある
「どんなものも 創造できる 砂漠の泉」である。

私は、これからも、ずうっと、神秘とロマンを求める旅を続けるために、永遠に枯れない泉でありたい。

沙原 秀

略歴

1965 ある早朝、鮮明に輝く七色の山々に囲まれた白富士に出逢い、その神秘的な富士山の姿に感動した。絵筆を持ったのは、その時からである。
1977 絵画活動を続けるうち、二人展、個展等発表の場を持ち始める。
1984 渡欧中、約一ヶ月程の巴里滞在時に、自然の風景や建造物、さまざまな対象物に魅せられ、創造絵画への刺激と意欲を掻き立てられる。特に巴里での「カタコンベ」は印象強く、深い感銘を受けた(後に、この「カタコンベ」が沙原の作品「竹取物語」の中で語られるようになる)。
1985 沙原独自の内なる世界を創造し、普遍的、根源的な宇宙のテーマで象徴的に描くようになる。そのテーマをシリーズごとに創作する。
1985
|
1996
銀座を拠点として、個展・企画展等を中心に、数多くの作品を発表、各界より熱い評価を得る。

<テーマ(シリーズ)代表作品>
・月に憑かれたピエロ(1985年)
・竹取物語(1986年)
・サハラの神話(1988年)
・空への誘い(1990年)
・誕生(1993年)
・新世界(21世紀への旅立ち)(1999年)

1987 絵画・沙原秀の世界「竹取物語」より、自作自演の映像と語りを創作。以来、各界のミュージシャンや、笛・絃の名手とも共演。ひとり語りの語りべとしても幅広く活躍している。
1996 サハラ夢美術館を設立。沙原秀の常設美術館(各シリーズを三ヶ月毎ローテーション展示)として、毎週末、金・土・日曜日に開館している。
1999 新シリーズ「新世界(21世紀への旅たち)」を創作
2009 エピソードの数々を紹介した自伝的エッセイ「七色の招待席」を出版

 

主な個展歴

1977 二人展 東京海上マリンテラス 千代田区丸の内
1979 二人展(企画展) 田町ビルギャラリー(三菱自動車ビル) 港区芝
1981 個展(企画展) 田町ビルギャラリー(三菱自動車ビル) 港区芝
1983 個展(テーマ:火の鳥)  銀座アートホール 中央区銀座
1983 個展(企画展)レストハウス 東京都町田市
1985 個展(テーマ:月に憑かれたピエロ) 銀座アートホール 中央区銀座
1985 個展(企画展) 三茶画廊ギャラリー 横浜市中区山の手
1987 個展(テーマ:竹取物語) 銀座アートホール 中央区銀座
1987 個展(企画展) ギャラリーアモルファス 東京都町田市
1988 個展(企画展) ホテル エルシー 川崎市中原区
1990 個展(テーマ:神話の神々) ロイヤルサロン銀座 中央区銀座
1990 個展(企画展) 横浜西口シュール 横浜市神奈川区
1991 個展(企画展 : 神話への神々  他)  相鉄美術館 横浜市泉区
1993 個展(テーマ:空への誘い) 銀座アートホール 中央区銀座
1996 サハラ夢美術館 開館  3ヶ月毎にテーマを展開 横浜市都筑区

 

主な語り部歴

銕仙会能楽堂
(東京・表参道)
横田年昭(笛、尺八) 横田千世子(一弦琴) 両氏他と共演
神宮寺アバロホール
(長野県松本)
鯉沼広行氏(笛)と共演
宝積寺テラノホール
(横浜市磯子)
横田年昭(笛、尺八) 横田千世子(一弦琴) 両氏と共演
竹林舞台
(伊豆 稲取)
横田年昭(笛、尺八) 横田千世子(一弦琴) 両氏と共演
サハラ夢美術館 佐藤貴菜氏(笛、尺八)と共演

※上記の他にも様々な場にて多数講演。